恋愛中に喧嘩をした後の仲直り法で - 恋愛から結婚へ もてて好かれて楽しい恋愛学校

恋愛から結婚へ もてて好かれて楽しい恋愛学校 ホーム  »  スポンサー広告 »  仲直りは結婚への甘い蜜 »  恋愛中に喧嘩をした後の仲直り法で

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

恋愛中に喧嘩をした後の仲直り法で

愛中で有っても、いくら仲の良い恋人同士であっても
喧嘩をしないカップルなんていないでしょう。


つき合い始めの頃は愛しさのほうが強くて、
喧嘩をしないかもしれませんが、

つき合いが長くなってくると、
お互いほんの些細なことからでも
喧嘩をしてしまう事が有ります。


当に仲良くなっている場合には、
時として、言いたいことをはっきり言ったほうが
大きな喧嘩にならず済むので、
日頃から思っていることは口にしたほうが良いでしょう。

でも言い過ぎはダメですよ。
どんなときでも相手を思いやる気持ちを忘れてはいけません。


この様な気遣いをしながらの恋人同士であっても
喧嘩をしてしまうことはあるものです。


こで仲直りです。
まづ思いつくことは、「電話」や「メール」ですね。
 コレについては前にも考えて見ました。  


「電話」や「メール」だと、手軽に謝れますし、
喧嘩直後で顔を見るのが気まずい時には
非常にいい方法ですね。

でも、意外と難易度は高め。軽い喧嘩なら「ごめんね」で済みますが、
ややこしい喧嘩をしてしまった場合は、
メールや電話でも気持ちが伝えにくくなります。


んなときには、
少し冷静になれる時間を置いて
自分の頭を冷やして出直しましょう。


しばらくは、連絡もしない、当然顔もあわせないことです。
冷静になって考える時間を持つようにします。

考えることで、自分にとって相手が
いかに大切な彼だったか知ることも出来るでしょう。


して、「直接会って謝る」事をおすすめします。
やはり、顔を合わせて仲直りしたほうが、
気持ちが伝わりやすいでしょう。

そうは言っても相手があることですから
必ずしも相手が会ってくれるとは限らないですね。

あってくれなかったりすると、
「何で会ってくれないの」と
再びイライラしてしまうことも有るでしょう。


かし、これは女性のワガママですよ。
もし相手が会うことを拒否した場合、
相手から連絡がくる、またはほとぼりが冷めるまで
事を荒立てないようにしないといけません。

冷静な気持ちが持てない時に会うのは
良くないことなのです。

再度の喧嘩をしないためにも
冷静な気持ちが持てるようになるまで
しばらくは時間を待ちましょう


嘩をすると、
特に女性は話し合いをしたがる傾向にあるようです。

話し合ってお互いの気持ちを言い合えば、
仲直りできると思っているのでしょう。

しかし、男性は話し合いよりも
まず距離を置くことを考える事が多いようです。

これは彼女と仲直りをしたくないと言う考えではなくて、
お互いがまだ熱くなっているときに、
話し合いをしても無理があり、冷静な判断が出来ないと
考えていて無意味だと思うことによります。


の様なことからもわかるように、
もし彼氏が連絡をくれない時や、
途中で喧嘩を放棄したりしたときには
無闇に連絡したり、強引さを見せることは、
マイナスイメージを強めるばかりです。

返事をくれなかったり、連絡をくれないということには
それなりの意味がありますから、
まずはほとぼりが冷めるまで待ってみて、
それから話し合いの場を持つようにしると良いでしょう。

あまり性急に攻めてばかりいると、
男性も疲れて本気で相手をしてくれなくなることも
出てきてしまうかも知れませんね。



本当に困ってしまったときには
専門家の意見も大切なときもありますね。参考までにご覧になってください。
大好きな彼と幸せになりたい!彼を再び振り向かせたい!
コメント
非公開コメント

FX初心者の為の
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。